[PR] [PR]


6/18FvsC

  1. かまぼん 2006/06/20(火) 00:53:09

    <広島6-5日本ハム>◇18日◇札幌ドーム◇観衆20519

     日本ハムが走塁、守備の乱れから自滅した。森本が独断で試みた2つの盗塁死で攻撃のリズムを失い、木元の2失策が、いずれも失点に結び付いた。2点を追う9回に小笠原の13号ソロで詰め寄ったが、あと1点が遠かった。ヒルマン監督は「ミスが目立った試合。(盗塁死の場面は)リスクを背負うべきではなかった」と手厳しかった。[ニッカンスポーツ][ニッカン式スコア]


     いやー、スライリー可愛いっすねぇw

     今日はB☆Bとベース投げ大会開いてましたよ。B☆B計測によると記録はB☆Bが11m00cm、スライリーが10m98cmでB☆Bの勝利w 更にB☆Bはブラウンの前に行き土下座までして頼み込むがブラウンは無反応。ま、最後には握手して別れましたが、せっかくなんでブラウンに投げるフリだけでもして貰いたかったなw

     更に7回のお楽しみ、相手チームの応援歌が流れる時のビジョンの映像もやはりベースが飛び交い、最後には場内アナウンスで「ベース投げは危険ですのでスタンドの皆様ご注意ください」と駄目押し。ベース投げはまだまだネタになりそうですw


     えーと試合は…


     ディアスはまぁまぁってとこですかね。真っ直ぐはそれなりに走ってて、いつもの鶴岡らしく2順目になってストレート中心に切り替えて好投、3順目に捕まった感じです。

     木元の初回と7回の2つのエラーとか、同点の直後に打たれた集中打食らった6回とか、どこかを1回でも上手く切り抜ければ勝てるのに、全部点をやってしまったのが痛かったですね。ま、8回にも一人相撲のピンチはあったんで、4回中3回失敗したって感じでしょうか。

     打線は稀哲の2つの盗塁死が痛いです。大量点は取れなくても1点を確実に取っているだけに、この2つの盗塁死が無ければ1点は取れたかもしれません。特に初回。

     簡単に言えば、この試合は稀哲と木元のミスが大きかったです。投手の責任というよりも。もちろん、皆が不満の声を上げるトーマスのせいでもありません。この日に限って言えば、トーマスは四球もなく悪くなかったので。

     しかし木元はサード駄目ですね。昨年はガッツよりマシと思わせてたんですが、どうやら似たようなものだったようです。だからといって、ガッツサードはやっぱり見たくないですね。最近ファーストで良い守備してるんで良いイメージを持っている人もいるかもしれませんが、サードのガッツは速い打球を弾いてナンボの選手です。ファーストだから、あれだけ良い守備が出来るんです。

     木元もセカンドならもうちょいマシなんですが。というか守備範囲が狭い事を除けば安定感のある守備が出来るだけに、戻した方が良いのかも。それにサードの苦手意識は打撃に影響しているっぽいので。

     じゃあ誰をサードにすれば良いんでしょう? 賢介もサードが出来る感じは無いし、飯山はどんなに結果を残していても打てる気がしないし。いっそ幸雄さん…も肘の影響が出そうだしなぁ…


     結局セカンドに打てる人材が揃って、サードショートに打てる人材がいないのが問題なんですね。後は陽が出てくるのを待つばかりです。ってか、陽に頼るしかないのか…orz


     しかしそうやって考えると、編成が偏ってる事を痛感しますね。セカンドがベストの選手が木元、賢介、小谷野、そして実は金子も。今は下だけど川島とマシーアスも入れとこう。ファーストがガッツ、小田、幸雄さん。サードは誰もいなくて、ショートが飯山と稲田。

     この中で小谷野と川島はレフトをやってますが、小谷野はサード、川島はショートをやるべきでしょう。まぁ、小谷野は木元レベルしか期待出来ないかもしれませんがw それでもレフトやったって「守れる」って程度ですし、それなら小久保の様な大型サードを目指して欲しいところです。川島はあのセンスを考えればショートは絶対出来るはずなので、二遊間ならどちらでも完璧に出来る選手になって欲しいです。

     そうじゃないといずれは林君がセカンドで入ってくるし…w




     …あれ? 全然観戦記になってないやw

     ま、とりあえず負けて残念でした、という事でww



     あ、そうそう、稲田プロ初出場おめでとう!
    関連記事
    スポンサーサイト

1GB![

FC2Ad

]


コメントの投稿

送信:

トラックバック

  1. かまぼんの視点 2006/06/20(火) 00:53:09
    この記事のトラックバックURI
    http://kamabon.blog3.fc2.com/tb.php/620-b3940846
    次の記事
    http://kamabon.blog3.fc2.com/blog-entry-621.html
    前の記事
    http://kamabon.blog3.fc2.com/blog-entry-619.html
  2. ファイターズ応援団ふたり 2006/06/22(木) 23:13:09

    少し前になりますが、かまぼんさんのことへお邪魔した際に気になった記事がありました


| Home